債務整理を弁護士や司法書士に依頼するとクレジットカードはすべて使用することが出来なくなってしまうと思っておられる方が多いのですが、実はそうではなく、場合によっては使用可能となることがあります。 どういう事かというと、債務整理は「任意整理」「特定調停」「個人再生」「自己破産」の手続きがあります。 そのうち、「任意整理」と「特定調停」は、債務整理の対象とする債権者(貸金業者)を選択することが可能なのです。なので、任意整理と特定調停については債務整理の対象に選択した貸金業者の発行するクレジットカードは使用できなくなります、ですが対象から外した貸金業者の発行するクレジットカードは、滞納などが生じていなければ通常そのまま使用できるようです。 一方、「個人再生」「自己破産」については、すべての債権者(貸金業者)を債務整理の対象とする手続きの為、所持しているクレジットカードすべてが使用できなくなってしまいます。 但し、どの債務整理をおこなっても、最終的な判断は各債権者でなされるため、個別の検討が必要になってきます。 また、債務整理を行うと、整理を行った本人はブラックリストに載ってしまうため一定期間クレジットカードは使用できなくなってしまいます、しかし家族(配偶者・親・兄弟・子など)自身が所為しているクレジットカードはブラックリストには関係ないので影響を受けるということはありません。 但し、「家族カード」に限ってはこの限りではないんです。家族カードはクレジットカードを契約した本人の家族ということで、おまけでついてくるクレジットカードです。直接契約していない家族も契約者の与信枠(利用限度額内)でショッピングやキャッシングが可能です。家族カードの場合、契約者がカードの発行元を相手に債務整理を行うと本人以外に家族カードに関しても使用できなくなってしまうので注意が必要です。